ブックメーカーは違法なのか?

わが国では、ギャンブルは非合法と言っていいでしょう。
見つけられたら直ぐ現行犯逮捕されてしまうくらい重い罪なのです。
ところが、外国の場合はこれが合法的になっている住所もあります。

最も大きいラスベガスでは、たくさんの人がギャンブルを楽しんでいます。
また、マカオなどでも同じようにカジノがメジャーです。

そして、ブックメーカーのメッカである英国では、
このギャンブルを国々が認めています。

ある一定の強力な決まり事をクリアーした会社は、
親となってブックメーカーをやってもよく、
国家が承認しているので市民はまるっきり疑うこともなく、
また非合法性等も考慮しないでギャンブルをおこなうことができます。

そういうわけで、日本においては禁じられているギャンブルを、
海外勢と見なされるブックメーカーでギャンブルをしても
法律違反ではないだろうか怖くなってしまいますよね?結果から言うと、それは非合法ではない。

「適法だという傾向が高い」ことこそが厳重な見方です。
これというのはいかようなことかとなりますと、
異国でのギャンブルにつきましてこの国では決め事がないからです。

WEBサイトを使って、諸外国のギャンブルを日本国内にいるにもかかわらず
ウェブサイトでトレードすることを管理する決まった法律が準備されていません。

なので、法律違反とはなれないのです。 そうだとしても、
徹底的に適法とも言いにくいこともあります。というのも、
英国などのように決まり事で許可されてはいないからです。
スラムと考えられるのが良いかと思います。
法律違反なんじゃないか必ず合法的という事も言いがたい 。
ブックメーカーは、わが国ではそのようなポジションとされることを認識することが求められます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ