元パチプロのひとりごと

数年前、パチプロを1年半ほどやっていました。
私がパチプロになったのは、結婚後、旦那の転勤で引っ越ししたのはいいもの、仕事先が見つからず、やることがなくパチンコを打つようになったのがきっかけでした。
最初は月に数千円勝ちくらいだったのですが、だんだん月に数十万と勝つようになりました。
そうなると地道に就職活動をするのが面倒になり、自然とパチプロになっていました。
パチプロというと楽に数十万も勝ってるようにイメージを持たれていると思いますが、そんなことはありません。
マイナスだったり、プラスマイナスゼロということもあります。
そして色々な情報収集も欠かせません。
勝つためには意外と努力が必要です。
そして私はパチプロになることはお勧めできません。
朝から晩までお店に入りびたり、勝てばいいですが、負けが続くとかなりストレスがたまります。
実際、プロの中には負けがこんで、借金したという人もいます。
ちなみに私は体調を崩しやめることとしました。
パチプロは楽な仕事ではないのです。
ギャンブルは趣味に留めるが無難です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ